×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

のしの書き方は結婚式などで必要な知識です

のしの書き方はマナーですので正しく書きましょう

のしの書き方や正しい使い方を知らずには一人前の大人とは言えないかも知れません。皆さんはこうしたお付き合いに必要な、のしの書き方やマナーの基本をきちんと心得ていますでしょうか?

 

とっさの時にあわてないためにも、そしてのしの書き方や使い方を間違えたばっかりに相手に対して失礼をしたことが原因で、気まずい思いをお互いにしないためにも、冠婚葬祭のマナーをきちっと頭に入れておきたいものです。のしの書き方で調べると表書きという言葉も出てくるかと思いますが、どちらも同じことです。

 

金品を包む時、のしの書き方の種類を大きく2つに分けるとお祝儀と不祝儀がありますね。簡単に言えば、片方はおめでたい出来事で、もう片方はお悔やみ事やお見舞いなどの災難時に使うものです。また、のしの書き方を知らないと恥をかく場面でお祝い事に関して取り上げてみるとそのシーンは結婚式、出産祝い、新築祝い、退職祝い、引越祝い、などが上げられます。

 

また、そのお返しとしては結婚式では式の当日に招待された人は引出物としての品物が出されることが多く、他では内祝いとして後日何かの品物がお返しされるのが一般的です。

↓お薦めはこちら↓